現代病と呼ばれる『うつ病』を予防するためにできること

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
35822736 - what a great way to wake up!

今や、うつ病は現代病と呼ばれる程、ストレスによってうつ病になる人が増えています。ストレスの溜まりやすい世の中で暮らしている為、ストレスを完全に避けることはできません。

では、どのようしてストレスをなるベく回避して、うつ病にならないように予防していけばいいのでしょうか?

■どうして、うつ病が増えているの?

うつ病は現代病とも言われ、ストレスの溜め込みすぎが最も多い発症原因と言われています。ではなぜ、ストレスが原因でうつ病を発症する人が増えているのでしょうか?実は、それには、私たちの生活スタイルの変化が関係しているようです。

昔に比べると、技術が進歩して遥かに生活しやすい、言い変えるとストレスをうけにくい社会になりました。そのために、人の身体からストレスに対抗する能力が失われているといいます。

そこに、さらに核家族化が進んだり、スマートフォンやゲームの普及によって他者とのふれあいが極端になくなったことが原因だと言われています。

人がストレスの耐性能力を高めるには、子供の頃から、家族や周囲の人とコミュニケーションを通じて鍛えることが必要だそうです。ですから、現代社会では、根本的にストレスに弱い人が増えており、うつ病を発症する人が増えています。

 

 

■うつ病になりやすい要因を把握しておこう

うつ病は、ストレスの蓄積で発症すると言われいます。そこで、まずうつ病を予防するには、自分の生活を取り巻くストレス要因について把握しておくことが、予防の第1歩となります。

うつ病は、過度のストレスが引き金になります。このストレスには、人間関係からくるストレスと、環境からくるストレスの2つがあります。

 

人間関係からくるストレスには…

  • 家庭内の不和、離婚
  • 仕事の失敗
  • 相続問題

環境からくるストレスには…

  • 月経、病気
  • 昇進
  • リストラ
  • 結婚、出産

 

このように、私たちの生活になかにはうつ病が発症する要因となるストレスがたくさんあります。

このようなストレスに直面したときに、うつ病にならないよう客観的に自分を見つめることが必要です。そして、本人では、どうしても対処しきれないストレスも多くあります。

そんなときは、周囲の人が過度にストレスを受けていないか、心身のバランスを崩していないか気にかけてあげるとよいでしょう。

 

 

 

■うつ病を予防するポイント

では、実際にうつ病を予防するためには、どのような生活を送るのが効果的なのでしょうか?うつ病を予防するには、普段の生活の中から気をつけるべきことが3つあります。
うつ病を予防するには…

  1. 自分の考え方を見直す
  2. バランスのとれた食生活を送る
  3. 毎日日光を浴びる

この3つを普段から実践することで、うつ病を予防することができます。具体的には、どうしたらいいのか、考えていきましょう。

 

自分の考え方を見直す

うつ病は、生真面目で責任感が強い人ほど発症しやすいと言われています。こういうタイプの方は、妥協を許さず、何か欠点が見つかると自分を強く責めてしまう傾向にあります。

このような場合には、普段から自分のものの考え方を客観的に分析して、柔軟性のない考えに陥っていないか見直すとよいでしょう。しかし、実際に自分を見直すのは難しいものです。そういうときのために、普段から何でも相談できる相手を見つけおくとよいでしょう。

行き詰まったときや、やり方がわかならいときは自分を責めずに周囲に相談しましょう。

 

バランスのとれた食生活を送る

うつ病の原因はまだ解明されていませんが、脳内のセロトニンの欠乏によるものだという考えが強いです。

そのため、日頃からセロトニンを生成する物質が含まれる食物をとると効果的です。肉類、乳製品、たらこ、納豆に多く含まれています。

しかし、こればかり摂取してしまうと、偏った食生活になってしまいます。これらの食品を意識しながら、バランスのとれた食生活を送りましょう。

 

毎日日光を浴びる

日光を浴びない生活がうつ病を発症する要因になるとはいいきれませんが、現代人は、家に引きこもって日光に当たらない生活パターンの人が多くなっています。

室内にこもりがちですと、抑うつ状態を悪化させてしまう可能性が高いです。

そして、現在うつ病の治療法として運動療法が研究されています。

うつ病患者の中には、あまり運動をしない人や、普段から日光を浴びない人が多いそうです。散歩なども気晴らしになるので、日中、外出する機会を増やしてみるとよいでしょう。

 

 

■まとめ

うつ病を予防するには、普段の生活から意識することが大切ですね。

自分がうつ病になりやすい性格だと自覚することで、予防にもつながります。そして、バランスのとれた食生活や、毎日日光浴をするなど健康的な生活を送ることがうつ病を予防するポイントです。

 

万が一、うつ病になってしまったときは、症状が軽い早期のうちに治療を始めることが必要です。うつ病になりやすいストレスを多く抱えてしまった場合には、注意して生活しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。