産後うつとは? マタニティーブルーその原因と対処法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
産後うつ

産後うつとは、出産直後に起こる一時的な心の変化であるマタニティーブルー(マタニティーブルーズともいう軽度の抑うつ状態)の症状が、産後一か月以上続く場合をいいます。

女性の中で出産は大きな出来事であり、家族関係や環境に変化も起きやすく、産後の身体は思った以上にダメージを受けています。

そんな中で家事と育児に追われ、精神面で辛い状況に立たされる方も多くいます。

うつ病の既往歴がある方は、出産後に再発することもありますし、今までうつ病になったことがない。という方も、出産を機に産後うつになることもあるのです。

 

「こんなことで悩んでいませんか?」

育児をしていて、このようなことで悩んでいませんか?

  • 気分が沈みがちである
  • 子どもをかわいいと思えない
  • 将来が不安で仕方がない
  • 夫が自分のことを理解してくれていないと思う
  • 家事が思うようにできない
  • 周りに協力してくれる人がいない
  • 毎日が楽しくない
  • 悲観的である

また、体調でこのような変化はありませんか?

  • 食欲がない
  • 身体がだるい
  • 動きが鈍くなった
  • 眠れない
  • 涙もろい
  • 体重が減った

これらは産後うつの特徴です。

家事と育児に精一杯になっていると、これらの特徴も育児の悩みや疲れだろうと見落としがちですが、放っておくと症状が悪化し、自分自身をより苦しめてしまいます。

この機会に少し客観的に自分を見直してみましょう。

「産後うつは自分のせいではない」

日々の忙しさの中、気が付かないだけで、出産直後の身体はあなたの想像以上にダメージを受けているものです。その上で気持ちの落ち込みなどがあれば、「どうして他の人はちゃんとできているのに自分は思ったようにできないんだろう。」と思うようにできない自分を責めてしまいがちです

しかしながら、産後うつの原因にはホルモンの大幅な減少が原因の一つと考えられていて、あなたのせいでもなければ、心の弱いからでもありません

体調の変化や、自分を取り巻く環境が大きく変わったことで、うつになりやすい状況に自然となってしまっているのです。

特に、神経質、几帳面な性格の人や、なんでも頑張ってしまう人、責任感が強い人、周りのサポートが少ない人については、産後うつになりやすい傾向にあります。

赤ちゃんのために、家族のためにと頑張りすぎるあまりに、どんどん自分を追い込んでいませんか?

産後うつの原因を正しく理解し、自分を責めないでください。

そして、気持ち、体調面でおかしいと思うことがあれば、病院に行ってみてください。専門家に相談することで、「うつ病」と判断されれば、カウンセリングや薬の投与など、適切な方法で治療が行われます。

病院以外では、住んでいる地域で相談窓口を設けている場合もありますので、そちらに相談してみるのもよいでしょう。

 

「自分を大切にするためにできること」

日々子育てをする中で、頑張りすぎるとあなた自身が疲れきってしまいます。

あなたの身体はあなたしかケアしてあげられません。

自分を大切にすることを忘れず、以下のことをぜひ実践してみてください。

誰かに相談する

子育てをする中で、悩みはつきものです。気持ちを抑え込んでしまうと自分が何に悩んでいるのかもわからなくなり、どんどん辛い状況になっていきます。

少しでも自分の心を楽にするために、不安や悩みがあるようであれば家族や友人に相談してみましょう。

自分から言わないだけで、同じ思いをした経験がある人がいるかもしれませんし、周りはきっとあなたの強い味方になってサポートしてくれるはずです。

周りの環境をよくする

家事も育児も自分だけで行おうとすると、どこかで無理がでてきてしまいます。

家族に子育てのサポートしてもらえるように働きかけ、自分の周りの環境をよくすることを考えましょう。

とはいえ、なかなか周りに頼めないという場合もあるでしょう。

そんな時は、産後ヘルパーを利用するなど外に手助けを求めることもできます。

その場合、金銭面のことはありますが、赤ちゃんとより楽しく幸せに暮らすためにそのような選択をすることも考えてみてはいかがでしょうか。

休養を取る

今だけは仕方がないと思って、休養をとることを後回しにしていませんか?

身体と心が疲れきってしまう前に周りへサポートお願いし、休養をとりましょう。

しっかり寝る、ゆっくりご飯を食べるなど、普段したくてもできなかったことをしてみてください。休養をとって気分転換ができれば、心にも少し余裕ができてくるはずです。

 

 まとめ

ここまで産後うつの原因と子育て中のポイントについていくつかご紹介させていただきました。

子育てをしていると赤ちゃんが主役になり、自分のことは後回しに考えがちですが、元気に楽しく赤ちゃんと一緒に過ごしていくためには、あなたの心と身体の健康が何よりも大切です。自分自身と向き合い、自分を大切にしていってあげてください。

そうすることで、赤ちゃんとの新しい人生のスタートがより幸せで楽しいものになっていくことでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。