モラルハラスメント予防、3つの簡単なポイントをご紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
モラハラに耐える妻

夫の言葉や態度によって妻が精神的にしんどくなる時、夫の言動はモラルハラスメントに近いものになっているかもしれません。夫婦関係の振り返り、モラルハラスメント的な言動を向けられた時の気持ちを夫に伝える、夫の顔色をうかがいすぎないことがモラルハラスメントの予防になります。なお、モラルハラスメントは妻が原因で生じるわけではありません。自分を責めないことが大事です。

 

1.あなたと夫はお互いを尊重して大事にしあえていますか

夫と自分との関係を振り返ってみて、お互いのことを尊重しあい大事にしあえていると感じられますか。夫といえども元は他人だったのですから、日常生活の中で喧嘩が起きてしまうのは当然です。ですが、夫の言葉や態度が妻を精神的に攻撃するモラルハラスメントに該当するようなものになると問題です。

夫からモラルハラスメントを受けるたびに、妻は夫との生活に不安感や緊張感を抱くようになります。そして、最終的には「自分はダメな人間だ」」と無能感を抱き、精神的に追い詰められてしまいます。また、モラルハラスメントは夫婦を【支配する人(夫)―支配される人(妻)】という歪んだ関係にもしてしまいます。

互いに尊重しあい大事にしあう対等な夫婦関係にしていくためには、夫にモラルハラスメント的言動をとらせないようにすることが必要です。そこで、次章で妻ができるモラルハラスメント予防策を取り上げていきます。

 

2.モラルハラスメントを予防するための方法

①夫の言動を振り返る

まずは夫の言葉や態度を客観的に把握することから始めましょう。夫とのやりとりを時系列で書き出すなどして、モラルハラスメント的な言動を受けていないかチェックしてみましょう。仕事のストレスがたまっている時にモラルハラスメント的な言動がおきやすいなど、傾向が見えてくるかもしれません。また、夫と向き合うことに対して不安や緊張感が強くなっていないかもチェックしてみてください。精神的にしんどくなっているようであれば、夫に言動を見直してもらいましょう。

具体的なチェックポイントとして、以下に例をあげますので参考にしてください。

  • 理不尽なことで一方的に怒られていませんか。
  • 「おまえが駄目だからいけないんだ」など、気持ちが傷つけられるような言葉を言われていませんか。
  • 夫の言動によって精神的に追い詰められていませんか。「自分がした行動のせいで、酷い態度をとられてしまうかも」と不安になったり、夫と話すことに緊張したりしていませんか。

 

②夫の言動に対して自分がどういう気持ちになるのか伝え、言動を改めてもらう

夫婦関係の現状を把握して夫にモラルハラスメント的な言動があると気づいたら、次は夫の言動によって自分がどのような気持ちになっているのかを伝えてみましょう。「そういう言い方をされたら傷つく。言い方を変えてくれるほうが嬉しい」「無視され続けたら悲しい」など、夫に妻の気持ちを知ってもらいましょう。

なお、伝えるタイミングは、夫のモラハラ的な言動の直後は止めたほうがよいと思われます。なぜなら、お互いが感情的になっているため、夫は妻の言葉を受け止めきれず、そして妻もヒステリックになって言葉が激しくなりやすいからです。しばらく時間をおいて、お互いが冷静になっている時に伝えるとよいでしょう。

 

③夫の顔色をうかがいすぎない

夫を怒らせないように、夫の機嫌が悪くならないように行動しすぎていませんか。夫の顔色を毎回うかがっていると、自分の思いを閉じ込めるようになってしまうでしょう。うなると、自己中心的な夫ほどやりたい放題、言いたい放題になり、モラルハラスメント的な言動をとるようになってしまうかもしれません。

モラルハラスメント的な言動を予防するために、夫の顔色ばかりうかがうことはやめて、「自分は~だと思う」「自分は~したい」と自己主張してみるようにしましょう。

ただし、プライドが高い夫の場合、妻が正面切って自己主張することで「俺の言うことに反論するな」と怒るかもしれません。夫がそのような性格であれば、「あなたの言うことも納得できるけど、私は~だと思う」など、夫のことを肯定している姿勢を示しながら自己主張してみましょう。自分のことが否定されていないと感じると、妻の主張を受け入れやすくなるはずです。

 

3.まとめ

お互いのことを尊重しあい大事にしあえる夫婦関係を築いていくために、モラルハラスメントの予防は大切です。

なお、夫からモラルハラスメント言動を向けられた時、「私が駄目だからひどいことを言われるのだ」と自分を責めてしまう人もいるかもしれません。ですが、モラルハラスメントは夫自身の問題であって、決して妻のせいで生じるのではありません。自分を責めて苦しくならないようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。